地元神奈川の海で散骨 - 神奈川・横浜の海の散骨ブログ

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
2017年08月24日 [散骨日記]

地元神奈川の海で散骨

お盆の頃のぐずついた天気と涼しさで、このまま夏が終わってしまうかと思いきや猛暑復活となってきています。昨日は天気、波、風とも申し分のない絶好のコンディションで散骨する事が出来ました。青空の元での出航は久しぶりです。今回の散骨ポイントは横須賀猿島沖です。横須賀にご住まいのご家族は、やはり地元、神奈川の海、横須賀沖にと散骨を望まれました。横須賀で生まれ育ったご家族のお爺様、故人様は慣れ親しんだ地元横須賀の海へと還られて行かれました。残されたご家族も、身近な海に散骨する事によって、より一層に故人様を身近に感じる事でしょう。
平日の昨日は、多数のレジャーボートや釣り船は出ていませんでしたが、それでも何隻かの釣り船に遭遇致しました。故人様も大の釣り好きで、よくこの辺りの海で釣りをなされてたようです。時には、息子さん、お孫さんを引き連れて親子3代で楽しまれてたそうです。お爺様が病に倒れてからは釣りをする事は、ほとんどなくなったようですが、これを機会にお爺様の眠る海で、また釣りをしたいと言っておられました。きっとお爺様も喜んでくれてる事でしょう。船を走らせていると沢山の鳥山がありました。鳥山とは、海上に集まる魚を目当てに鳥が集まる場所を言います。この付近では良く釣れると言われています。きっと釣り好きのお爺様が呼び寄せて楽しんでおられるのではないでしょうか。
強い日差しと共に少々日焼けをしたご家族は、海に散骨出来て良かったと帰られて行かれました。今回もご家族に喜んで頂ける散骨が出来て何よりでした。神奈川の海
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る

海企画