残暑のなかでの散骨 - 神奈川・横浜の海の散骨ブログ

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
2017年09月13日 [散骨日記]

残暑のなかでの散骨

今日も残暑となっておりますが、先週末は特に厳しい残暑となりました。そんな中、個人散骨、代行散骨とを無事に執り行う事が出来ました。 
散骨に来られるご遺族様達は、多少なりとも緊張の趣でいらっしゃいます。散骨とはいったいどのように行うのか。。。私共が事前にご説明していても実際に体験してみないと中々伝わりにくいのかもしれません。しかし、ほとんどの方々は、船が出航して海上を走らせているうちに緊張はなくなりリラックスされてきます。この日のご家族も乗船前はとても緊張されておられました。船に乗る事には慣れておられるとの事で、ご家族でフェリーで旅行に行かれたり、お友達のプレジャーボートで遊んだりとされておられるそうです。やはり乗船されると緊張は解けて、皆様それぞれに海上からの景色を楽しんだり、和やかにお話しされたりとリラックスされておられました。真夏を思わせるような日差しでしたが、海風は爽やかで、終始気持ちよさそうにされておられました。散骨の際にはご家族全員で長い時間手を合わせておられた姿がとても印象的でした。ご家族皆様に見送られて故人様もさぞやお喜びの事でしょう。これからはこの海で、ご家族を見守ってくれる事でしょう。
代行散骨に到っては、私共海企画スタッフでご家族に代わり真心を込めて散骨させて頂きました。私共を信じてお任せ頂いている、身の引き締まる思いです。スタッフ全員で手を合わせて故人様をお見送りさせて頂きました。
残暑と散骨
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る

海企画