| 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年04月28日

海洋散骨会社はどんな所?

imges

海洋散骨会社はどんな所?


葬儀後の遺骨を埋葬するのではなく、粉砕して撒く、という方法があります。生前に希望される方もいるそうですが、個人で行うとなると、ルールややり方がよくわからない・・・ということにもなり得ます。
そのため、海に撒く場合の専門の散骨会社というものが全国にあります。
専門の会社に頼んだら、どういったことをしてもらえるのでしょうか。
まず、遺骨を粉々にしてくれます。粉々にすることで、法律上ではどこに撒いてもいいことにはなります。
次に船を出して沖まで連れて行ってくれます。養殖場や養魚場、航路では、他者に迷惑がかかるので、その心配がない沖合いまででる必要があります。個人ではなかなか難しいところです。
会社によっては、終了後に証明書を出してくれたり、クルーズを行って思い出を作ってくれるところもあります。
料金はプランによって様々ですが、思い出に残る方法を探してみてください。

imges

海への散骨の方法って?


葬儀の後、遺骨を墓地へ埋葬するというのが一般的ではありますが、最近では生前から他の方法を希望する方もいます。
その中でも海への散骨は、比較的多いようです。いったいどのような方法があるのでしょうか。
現代の法律上では遺骨を撒くことは違法ではありません。そのため、個人で勝手にしてしまっても問題はないようなのですが、守らなければいけないポイントあります。それは遺骨を粉々に砕いておくということと、撒いても迷惑にならないようにすることです。
遺骨を粉々に砕くというのは、なかなかに大変な作業ですし、船で沖に出るというのも、船舶免許と自前の船があるならまだしも、なかなか難しいところです。
そのため、それを専門に行う会社が全国にあります。もちろん料金は発生しますが、専門家に滞りなく執り行って貰えるのならば、そのほうが安心かもしれませんね。
ぜひ、ご家庭にあった方法を探してみてください。

imges

海に散骨を依頼したい。


大切な家族が亡くなった時は、大きなショックを受けますが、遺骨を自然に還してあげたいという人が増えています。
専門業者に依頼すると、粉骨を大切に預かって、海に散骨の代行を行っているので、高齢者でも安心です。
家族や親族が集まって、心をこめたセレモニーをしたい場合は、クルーザーを貸してもらえるので安心できます。
遺骨を自然に還してあげたいけれど、僧侶に読経をしてもらいたい人は、追加料金が必要ですが、僧侶を派遣してもらえます。


PageTop

海企画