| 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年04月28日

お墓が必要ない海への散骨

imges

お墓が必要ない海への散骨


首都圏に人口が集中することによって、墓地の区画が確保できないという事態が多発しています。
そのような状況下で、お墓を必要としない葬り方に関心が高まっています。
散骨は、遺骨を細かくパウダー状に砕いて遺灰にして、海原や山などに撒いて、結果としては大自然に還っていく葬り方で、自然葬の一種です。
日本人の感覚としても大自然に還る葬り方は受け入れやすく、お墓を必要としない葬り方を選ぶ人は徐々に多くなってきています。

imges

お墓不足で注目の海への散骨


近頃の日本では、核家族化や少子化が進み、その影響によってお墓を継ぐ人についての問題や、首都圏をメインに墓地が不足していて、なかなか確保できないという問題を抱えている方は多くなっています。
これらが要因となって遺骨の葬り方は変わってきていて、問題を解決する方法として、今までのお墓とは違う自然葬という方法が、注目を集めています。
自然葬の一つである散骨は、火葬をして残った遺骨を細かい粉末状の遺灰にして、山や海原などに撒く葬り方のことです。

imges

海への散骨を検討の方


故人の遺志を尊重し、火葬後の骨を海へ散骨するという、新しい供養のスタイルが注目を集めています。
こちらの企業では、ニーズの高まりとともに充実のプランが豊富になっています。
骨をまくエリアは東京湾や相模湾の各スポットで、アクセスも良好であるために人気が高まっています。
代行プランもありますが、クルーザーを貸し切って親しい方々だけで行うプランもあり、それぞれ目的や予算に応じて、自分にピッタリのプランを選べます。


PageTop

海企画