神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2015年12月21日 [散骨日記]

個人散骨

昨日は風も穏やかで日差しの下では暖かささえ感じる良い天気に恵まれました。そんな絶好のコンデションのなか、今年最後の個人散骨をとり行いました。前回のブログでお伝えしましたが、お世話になっている葬儀社様からのご紹介頂いた散骨です。故人様やご家族ともプライベートでも親交のあった葬儀社の担当の方と、ご遺族様3人とで計4人でご乗船されました。初めは少し緊張されていたご遺族様達も、顔見知りの担当者さんが来られると緊張も解けて和やかにお話をされておられました。こちらのご家族と担当者さんは、ご近所で亡くなられたご主人とは町内のお祭りで意気投合をし、その後ご家族ぐるみのお付き合いをされるようになられたようです。故人様は人望も厚く町内の役員もやられており、葬儀にはご近所の方々が大勢、お別れに来てくれたそうです。そんな故人様が散骨を選ばれた理由は、やはり最近多くなってきている社会現象の通り、核家族、少子化という事でしょうか。先祖代々のお墓は、遠方の地方でこちらではお墓をお持ちにならずで、お子様は娘さん1人。こういったケースが年々増加しております。今年行った当社の散骨の半分はこのような事情からの散骨でした。そういうやむおえない事情からの散骨だったとしても、実際に海に出て散骨等の儀式を終えると皆様、口々に散骨して良かったと言われます。やはり母なる大地の大海原に出るとご家族の心も癒されて、どこまでも続く海に故人様との繋がりを見出すのではないでしょうか。大自然の力は本当に偉大です。 今回のご家族様も、散骨をして良かったと言って下さりご一緒された葬儀社の担当の方もますます散骨に興味を持たれて帰っていかれました。


PageTop

海企画