神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2015年12月23日 [散骨日記]

冬至の後、横浜日照時間0!

昨日は冬至でした。冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる日です。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至の頃と日照時間を比べると、東京で約5時間程の差があるのです。冬至にはかぼちゃを食べるのが一般的ですが、その他に、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、きんかん、、、など(ん)のつくものを食べると良いとされています。(ん)のつく食べ物は運盛りといい運が呼び込まれるといわれ縁起をかついでいました。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)つまり、運盛りの一つで陰(北)から陽(南)へも向うことを意味し、またかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので栄養を取るためにも冬至の日にかぼちゃということが広められています。                        また、柚子湯に入るのもならわしです。もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊だと考えられています。また、柚子は実までに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。そして柚子の木は、寿命が長く病気にも強いので無病息災を祈る風習になったといわれています。そして何よりも、柚子湯は血行をよくして、冷え症を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、皮に含まれるクエン酸やビタミンCにより美肌効果もあります。元気に冬を越すために大いに役に立ちます。冬至とは(一陽来復)の日でもあり、転じて悪いことばかり続いた後でも、ようやく幸運に向かう日とされています。みなさん、昨夜は、かぼちゃを食べましたか?柚子湯に入りましたか?我が家では、かぼちゃを食べて、柚子湯にも入りしっかりと幸運を呼び込みました。 冬至(ゆず湯)


PageTop

海企画