神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年02月18日 [散骨日記]

神奈川の海〜個人散骨

今日は昨日からの風の収まり、朝のうちは多少曇ってはいたものの、じょじょに日差しがでてまいりました。午前10時、個人散骨の為、横須賀猿島沖を目指して出航致しました。外に出ると少々風が冷たく感じるものの、皆様外に出られて、それぞれ海からの景色を眺めておられました。故人様がずっと懐かしがっていた海を、病気になって行く事のできなくなった海に、今日やっとお連れする事ができました。ご家族様は散骨ポイントに着くまで、故人様の粉骨したお骨にずっと何かを語りかけておられました。きっと、やっと海に来れたよ!そんな言葉を掛けておられたのではないでしょうか。散骨が終わり海に還っていく故人様に向けて、お父さん良かったねー。海で自由にしてね、、と語りかけていた言葉がとても印象的でした。帰路では散骨を終えた安堵感もあり、室内で暖かいお茶を飲みながら故人様の思い出話やら、いろいろと当社スタッフも一緒にお話を伺わせて頂きました。そのお話の中で全員一致の話が、やはり海は最高だという事。海を見ていると懐かしい思い出が蘇ってくる、悲しい事、辛い事は忘れさせてくれる、母なる大地海は偉大という事です。
今回のご家族にも散骨して良かったと思って頂けて、海に還った故人様にまた会いに来たいというお話を頂きました。海を見ていれば海に還った故人様に会えるわけですが、散骨ポイントにまた訪れるというのは特別な想いもあるのでしよう。だいたい散骨一年後に法要クルーズを行う方が多いですが、今回のお客様は夏の初めか終わり頃と希望されました。法要クルーズに決まりはありません。行きたいな、会いたいな、と思った時がいつでも法要クルーズです。またこのご家族に会える日を楽しみにしております。
個人散骨


PageTop

海企画