神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年03月17日 [散骨日記]

お彼岸、横浜ぽかぽか陽気

暑さ寒さも彼岸まで、という言葉がありますが、今日はまさにその言葉がぴったりの暖かなお彼岸の入りでした。
お彼岸とは、春分の日と秋分の日を中日とし、その前後各3日を合わせてた7日間をいいます。今日は彼岸の入りで中日の春分の日20日(日)、来週の23日(水)が彼岸明けとなります。お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付けで決まっているわけではないので、お彼岸の日付けが毎年同じというわけではありません。日本ではお彼岸にお墓参りをするというのは一般的ですが、そのような文化があるのは日本だけのようです。元々、農耕民族だった日本人は、仏教が伝来する前から先祖供養と自然に感謝する習慣がありました。
春には1年の豊作を願い、秋には太陽とご先祖様に収穫を感謝するという意味合いが春分の日、秋分の日に込められているのでしょう。自然への信仰と先祖供養が仏教の教えと結びつき、春分の日、秋分の日を中心にご先祖様の供養をお彼岸に行うようになったといわれています。食いしん坊の私はお彼岸といって思いつくのは、ぼたもち、おはぎです。ぼたもちとおはぎは基本同じ物です。春のお彼岸の頃には牡丹(ぼたん)の花が咲き、秋のお彼岸の頃には萩(はぎ)の花が咲くことから由来しています。また、牡丹の花は大きな花ですから、ぼたもちは大きめに、萩は小さな花なので、おはぎは小ぶりに作られているようです。
あんこに使わられるあずきは古くから悪いものを追い払う効果があるとされていました。春に種をまき食物の成長を願い秋には収穫です。この時期にあずきを使った食べ物を食べてご先祖様に感謝することは、とても深い意味があるようです。
我が家ではお彼岸の入りの今日、早速お墓参りに行ってきました。もちろん、ぼたもちも忘れずに買ってきました。。。


PageTop

海企画