神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年07月11日 [散骨日記]

神奈川散骨日

昨日は梅雨はどこに行ったんだろうかと思わせる晴天の一日、気温も朝から上昇し夏本番の暑さでした。今日も朝から晴天で暑い一日でした。本当に梅雨は終わったと思ってしまうような天気です。
昨日は午前と午後の2回、個人散骨を行いました。午後からの散骨は前回強風の為に延期していたご家族様の散骨です。一日に2件の散骨ともなると準備も大変です。スタッフ総出でここ数日準備に取り掛かりました。今回の散骨で考えたのは献花です。前回の散骨までは6月の花の紫陽花をメインに献花の花をセレクトしていましたが、もう7月、散骨当日の昨日は真夏のような暑さになるという事だったので、夏の花、向日葵をメインに献花の花を揃えてみました。やはり向日葵を入れると元気な明るい感じの献花になり花全体が華やかになります。これから夏本番に向けて向日葵をどんどん取り入れていくつもりです。今回散骨致しました2組の故人様は偶然にもお二人ともとてもお花がお好きだったという事でした。より一層お花選びには力が入りました。散骨当日は沢山のお花とともに故人様は海に還られていかれました。ご家族にも大変喜んで頂けて、嬉しい限りです。毎回献花の花選びは大変ですが楽しみでもあります。故人様をイメージして華やかな感じのお人ならバラやユリなど、清楚な感じのお人なら小花を中心に淡い感じの色の花というようにと、それと季節の花を交えて揃えます。同じ時期の散骨で同じような花を揃えたつもりでも、いつもどことなく違う感じになります。昨日の散骨での2組の献花も同じ向日葵でもどことなく感じが違くなりました。世界に一つだけの故人様のお花という事でしょうか。
昨日は夕方近くになると風が少々吹いてきましたが無事に2組の散骨を終わらせる事ができました。無事に終わらせられたことに達成感と充実感があり散骨後の疲れも心地よいものでした。ひまわり


PageTop

海企画