神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2017年12月30日 [散骨日記]
今日は今年最後の散骨業務、代行散骨をとり行いました。少々風が冷たく感じましたが、晴天に恵まれて問題なくスムーズに出航できました。今年最後の散骨とあってスタッフ一同ここ数日間、散骨の準備の段階からいつも以上に気合が入っていました。特に代行散骨は大事なご遺骨をお預かりしてご家族に代わり私共で散骨致します。数多い散骨業者から海企画を選んで頂いたのだから、その信用を裏切らないように心から喜んで頂けるようにと、自然と力が入ります。今回も心を込めてご家族の想いも一緒に散骨させて頂きました。母なる大地の海に還った故人様は、いついかなる時も残されたご家族の事を見守り続ける事でしょう。本日12月30日(土曜日)で今年の海企画すべての業務が終了致しました。今年を振り返ってみると個人散骨も代行散骨も、やはりお墓を持たないという事情での散骨が多かったようです。この事は前にも書かせた頂きましたが、核家族による少子化でお墓を守っていく人がいないという事情が最も大きく占めています。それと故人様が海に携わらるお仕事や海をこよなく愛していたとの理由での散骨も多かったです。このような場合はご乗船されたご家族様は散骨はもとよりクルージングも楽しんで頂けてました。そして、何よりもうれしかった事は、お客様から散骨して良かったとのお言葉を今年も数多く頂いた事です。個人散骨で来られて散骨したのを心から喜んで下さり、次の法要クルーズも、と申し込んでくださる、このようなパターンがありました。本当に嬉しい事でございます。今年も残すところ後2日、皆様どうぞお体をご自愛なされて良いお年をお迎え下さい。
海企画は来年は1月4日(木曜日)から営業致しますので宜しくお願い致します。

2017年12月26日 [散骨日記]
今年も残すところ後5日となってきました。この所の神奈川県横浜地方は強い冷え込みはありませんが、やや強めの風が吹いています。
先週の半ばにご依頼頂いていた2件の代行散骨を執り行いました。1件目のご依頼はいつもお世話になっている葬儀社からのご紹介でした。亡くなったご主人の墓じまいをして散骨との事でした。奥様もかなり年配だったのでお骨がある霊園に一緒に出向いて、そこでお骨を受けとりました。もう1件は以前に当社で代行散骨をされた方からのご紹介でした。今回はご自分の息子さんの奥様が亡くなられたとの事でご紹介頂きました。このように葬儀社やお客様からご紹介頂けるのとても嬉しく誇りに思っております。私共海企画なら、と絶大な信頼を頂いての事ですからその期待に応えられるように精一杯がんばっております。代行散骨の当日の横浜は比較的暖かく、波、風とも穏やかなとても良いコンディションでした。ご家族に代わり真心を込めて散骨させて頂きました。年内中にもう一度代行散骨を執り行う予定でおります。今年最後の散骨の仕事です。気合を入れて準備に取り掛かっております。代行散骨

2017年12月21日 [散骨日記]
神奈川県、横浜地方は寒い日が続いております。明日は冬至、明日も冬至らしい寒い日になるようです。
冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる日です。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至の頃と日照時間を比べると、東京で約5時間程の差があるのです。冬至にはかぼちゃを食べるのが一般的ですが、その他に、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、きんかん、、、など(ん)のつくものを食べると良いとされています。(ん)のつく食べ物は運盛りといい運が呼び込まれるといわれ縁起をかついでいました。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)つまり、運盛りの一つで陰(北)から陽(南)へも向うことを意味し、またかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので栄養を取るためにも冬至の日にかぼちゃということが広められています。また、柚子湯に入るのもならわしです。もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊だと考えられています。また、柚子は実までに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。そして柚子の木は、寿命が長く病気にも強いので無病息災を祈る風習になったといわれています。そして何よりも、柚子湯は血行をよくして、冷え症を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、皮に含まれるクエン酸やビタミンCにより美肌効果もあります。元気に冬を越すために大いに役に立ちます。冬至とは(一陽来復)の日でもあり、転じて悪いことばかり続いた後でも、ようやく幸運に向かう日とされています。明日はかぼちゃを食べて、柚子湯にも入り、しっかりと幸運を呼び込むつもりです。 と明日の

2017年12月17日 [散骨日記]
おはようございます。今日も神奈川の沿岸は強めの風が吹いており出航出来ずにいます。先週末に続き今週末も予定していた散骨は延期となりました。この所週末となると神奈川県横浜地方は強い風が吹き荒れて困り果てております。そんな中先週半ばの平日には天気、風、波とも問題なく出航出来る時があり個人散骨を執り行いました。平日のマリーナはひと通りもまばらです。この日は午前中の早い時間の出航ともあって貸し切りに近い状態でした。海に出てもそれは同じで釣り船やレジャーボートも少なく、まるで大海原を独り占めしているようでした。海は透明度を増し、時折感じる冷たい風が厳粛な散骨を執り行う為か身が引き締まる感じに相成ります。
今回、散骨された故人様は、海が大好きで、そして何よりも釣りをこよなく愛していたというお方でした。現役で仕事をなされていた時は、週末に、定年になられてからはそれこそ曜日など関係なく、釣り日和という日は必ずと言っていいほど、海に出られていたそうです。釣りに出かけては釣ってきた魚を捌いて料理をしてくれるそんな優しいお人だったそうです。今回の散骨場所は、故人様がよく釣りに訪れていた横須賀沖です。大好きな海、大好きな場所に散骨されて、海に還られた故人様はとても喜んでいる事かと思います。散骨後はご家族の皆様で記念撮影や、海の写真を撮られたりとクルージングを楽しまれておられました。午前中の早い時間でしたので、多少の寒さはありましたが、とても爽快でした。皆様にもとても喜んで頂けて、また機会を作って船に乗りにきたいと言って下さいました。
散骨の良い所は一周忌、三周忌とこだわらずに、行きたいと思った時にいつでも散骨場所に行き故人様を偲ぶ事ができます。今回のご家族は今度は夏にクルージングを兼ねて故人様に会いに行こうと言っておられました。夏になり、またこちらのご家族にお会いできるのを楽しみにしております。横須賀沖散骨

2017年12月12日 [散骨日記]
今朝の横浜は冷え込みました。日中も気温が上がらずに昨日が暖かかっただけに今日の寒さは身に応えます。いよいよ「冬将軍」の到来です。「冬将軍」という意味は冬の厳しい寒さを表わした言葉です。その昔ナポレオンがロシアに攻め込んだ時に、ロシアの厳しい寒さの為に撤退した事を、イギリスの新聞が【general frost (極寒将軍に負けた!)】と表現した事から今に至っております。さて、この冬将軍はここ2〜3日、神奈川県、横浜にも居座る模様です。今週も散骨の予定を組んでおります。寒さが怪訝されますが、船の室内は暖房で暖かくなっており、ゆっくりとお寛ぎ頂けるスペースもございます。ホットドリンクのサービスもしておりますので、さほど寒さは気にならないかと思います。しかし、寒さ対策はできても冬将軍が連れてくるかもしれない強い北風が心配です。何度もお話ししている事ですが、船は風が強く吹くと出航する事ができません。今のところは強い風予報は出ていないので、散骨当日までこのまま持ちこたえてくれれば良いのですが。。。空気が乾燥していて、インフルエンザ等も流行っております。インフルエンザまではいかなくっても体調の悪い時に船に乗るのは、とてもしんどい事です。自分はもちろん、海企画社員にも手洗い、うがいを徹底しており健康管理には気を使っております。天気も風も波も、そして自分の体も絶好のコンディションでお客様をお迎えして、心に残る散骨のお手伝いをする事を心掛けております。

2017年12月10日 [散骨日記]
おはようございます。本日は晴天ではありますが、どうにも風が強くやむを得ず本日予定していた散骨を延期させて頂きました。2〜3日前から神奈川県には風の強い予報がでておりまして、良い方に変わってくれればと思いながら準備に取り掛かっておりましたが、良い方どころか、ますます、風、波共に悪い状況になってしまいました。今の段階で神奈川地方は風速9メートル前後、これから午後に向けてさらに強くなり10メートル前後の強風となるようです。夏から秋に向けての台風と違い冬場は、このように晴れていても強い季節風によって出航出来なくなる事が多々あります。何度もお話ししておりますが、安全第一なので決して無理に出航する事はありません。お客様にもお申込みの時から気象状況により延期になる場合があるとお話しして、納得してもらっております。本日の散骨は残念ながら延期となりましたが、日を改めました。冬の海は透明度も増し、海上からの景色も鮮やかです。少々の寒さはありますが、室内は暖房完備ですので特に問題はありません。次回は絶好のコンディションで散骨出来るように願っております。穏やかな海上で散骨はもとより、船そのもののクルージングも楽しんで頂けたらと思っています。また次回に向けてしっかりと準備を整えておきます。

2017年12月06日 [散骨日記]
冬晴れの寒い日が続いています。西高東低の冬型の気圧配置になると関東、神奈川県は晴れても北寄りの風の強い状態になってしまいがちです。何度もお話ししている事ですが、船は風の影響を最も受けます。多少の雨だけなら出航出来ますが、強い風が吹くと出航は出来ません。ご乗船頂くお客様の安全が第一ですので、決して無理はせずにご家族にご了承頂き延期する事にしております。絶好のコンディションでの中散骨はもとより、ご家族には船でのクルージングも楽しんで頂けたらと思っております。母なる大地の大海原は、ご遺族の悲しみを癒して、海上での風は爽やかな空気を運んできてくれるはずです。大自然の持つ不思議なとてつもなく大きな力を感じます。散骨に来られたお客様には、お心を癒して爽やかなお気持ちでお帰り下さるように、願っております。海に還っていった故人様も、きっとそれを望んでいる事でしょう。
週末前に少し風の強い予報がでています。今週末の散骨に影響がでなければ良いのですが、天気はおおむね晴れのようです。今週末はは、相模湾沖、横浜港沖と2件の個人散骨を承っております。一つ一つ丁寧に真心を込めて取り組んで、心に残る散骨のお手伝いをさせて頂きます。

2017年12月05日 [散骨日記]
師走に入った先週末の散骨は天気に恵まれて、予定していた散骨を全て執り行う事が出来ました。平年よりも気温が高くさほど寒さは感じませんでした。横浜沖、横須賀沖でと散骨致しましたが、両日共に波、風ともとても良いコンディションでした。ご家族の皆様にも喜んで頂けてとても良い散骨が出来ました。今回散骨の際に、故人様の好きだったビールを一緒に海に撒きました。そして、当社でご用意した献花の他にも沢山のお花をお持ちになられました。このように故人様のお好きだったものを一緒に海に撒くことが出来ます。お茶が大好きだった故人様には、ご家族がご自宅で高級茶を入れてこられて、それを海に撒いた事もありました。コーヒー、や紅茶、日本酒と色々ありました。他にも故人様の好きだった音楽を流したり、献花の花をお好きな花にすることもできます。お客様のご希望に添えるように、日々頑張っております。次回の散骨に向けて準備に取り掛かっております。天気に恵まれて、また良いコンディションでの中で散骨出来る事を願います。そして、ご家族の心に残る散骨を執り行いたいと思います。散骨海

PageTop

海企画