神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2018年02月25日 [散骨日記]
先日、横浜金沢沖合にて3組のご家族からのご依頼で代行散骨を執り行いました。この所の横浜地方は寒い日が続いていましたが、散骨当日は割と暖かでした。午後からは神奈川県全域は強風となる予報でしたので、午前中の早い時間に出航致しました。この判断は正しく波、風とも穏やかな状態で散骨をする事が出来ました。午後からは予報通りに強風となってきたので無事に散骨を終えられほっと致しました。代行散骨は、ご家族に代わって当社専門スタッフが散骨致します。今回の散骨では、故人様のお好きな果物を、そしてコーヒー等も一緒に海に撒かせて頂きました。もちろん海に撒くときは、ビニールなど余分なパーケジからは出して、環境の配慮は致します。また、別のご家族からは故人様がお作りになられたという折り紙も添えさせて頂きました。このように代行散骨でも、できる限りお客様のご要望にお応えできるように、お客様の希望に沿った心温まる散骨をするように心がけております。来月も早々にも代行散骨を執り行う予定でいます。お客様に安心して、当社に依頼して良かったと言ってもらえるように、真心を込めて散骨させて頂きます。代行散骨

2018年02月21日 [散骨日記]
今日の神奈川県横浜地方は曇り空の寒い一日でした。しかし2月も後半となりもうすぐ3月となります。暖かくなるにつれて、お問合せや、ご依頼がとても増えてまいります。ご依頼者様も船に乗るなら暖かい季節になってからと思うのでしょうか。散骨はいつまでに散骨しなければならないという決まりはありません。故人様が亡くなられてすぐに散骨する方もいれば、49日が終わってから、しばらくご遺骨を手元に置いて落ち着いてからなど、様々です。また、一度お墓に収めたご遺骨を何年かたってお墓からだして散骨するという方もおられます。
本日ご依頼頂いた方は、横浜在住の方で何らかの事情で墓じまいをされたので、散骨をと考えたそうです。お墓の中には10年以上前に亡くなられたご主人様が眠っていたそうですが、もちろん10年たっていてもご遺骨を粉骨して散骨する事ができます。いつでも散骨できるのが散骨のメリットです。元々海好きだったご主人様を海に散骨したいとの事でご依頼を頂きました。若い頃には良くご夫婦で海遊びをされていたそうです。奥様にも思い出深い海での散骨となりそうです。真心を込めて散骨のお手伝いをさせて頂きます。

2018年02月20日 [散骨日記]
おはようございます。先週末の散骨は、強風の為に延期とさせて頂きました。土曜日の昼前から神奈川県横浜地方は北風が強まり次の日まで風が収まる事はありませんでした。何度もお話ししている事ですが、船は風の影響を最も受けます。多少の雨だけなら出航出来ますが、強い風が吹くと出航は出来ません。ご乗船頂くお客様の安全が第一ですので、決して無理はせずにご家族にご了承頂き延期する事にしております。春の本格的シーズンを迎えてこれから散骨のご依頼が増えて参ります。無事に最初の予定を組んだ日に散骨が出来るように祈るのみです。絶好のコンディションの中、散骨はもとより、ご家族には船でのクルージングも楽しんで頂けたらと思っております。母なる大地の大海原は、ご遺族の悲しみを癒して、海上での風は爽やかな空気を運んできてくれるはずです。大自然の持つ不思議なとてつもなく大きな力を感じます。散骨に来られたお客様には、お心を癒して爽やかなお気持ちでお帰り下さるように、願っております。海に還っていった故人様も、きっとそれを望んでいる事でしょう。今週は今回延期となった散骨も加わり大忙しです。一つ一つ丁寧に真心を込めて取り組んでいきたいと思います。そして、ご家族のお心に残る散骨をしていきたいと思います。

2018年02月15日 [散骨日記]
今日の神奈川県、横浜地方はポカポカ陽気で桜の咲く頃の陽気になっています。暖かくなると寒い時と比べて、散骨のお問合せ、ご依頼共に増えてまいります。やはり船に乗るのは暖かい時と言う今イメージがあるのでしょうか。今日も何件かのお問合せ、ご依頼を頂いました。その中で今回法要クルーズのご依頼も頂きました。散骨場所には散骨した際に船に掲載されているGPSで正確に北緯、東経を計っており、お客様にお渡ししている散骨証明書にも記載されているので、再び同じ場所に訪れることが出来ます。散骨後にまた同じ場所を訪れたいというご遺族様は多数いらっしゃいます。そういう方々のためにも法要クルーズを行っております。法要クルーズは、一周忌、三周忌などこだわらずにいつでも行う事ができます。もう一度散骨した所に行ってみたいなと思った時が法要クルーズのタイミングです。昨年散骨された方、毎年法要クルーズに訪れる方々、私共で代行散骨をさせて頂いて、その場所に行ってみたいとお申込みして頂いた方など様々です。法要クルーズは海企画で散骨した事にご満足して頂けて、海企画を再度ご利用して頂けるという事で、お申込みいただいた時点でとても嬉しく感動してしまいます。常にお客様との繋がりを大事にして、仕事に繋がる事を願っています。

2018年02月13日 [散骨日記]
神奈川県、横浜地方の今回の3連休は、一時の身が凍るような寒さはぬけて暖かな日もありました。風の強い時間帯もありましたが、出航を予定していた日時には影響がなく無事に散骨を執り行う事が出来ました。少々の寒さはありましたが、連休と言う事もあり、神奈川、横浜の海上は、レジャーボートや釣り船が数多く出ておりました。散骨する際にはルール―とマナーを守らなければなりません。皆さんが楽しく遊んでいる近くや、漁場の近く、海上交通の要所は避けて迷惑のかからない場所で散骨をしなけらばなりません。法律で決まっているわけではありませんが、周りに不快感を与えないように配慮する事が大切です。昨日も近くでプレジャーボートが遊んでいたので、その辺りを避けて散骨致しました。いくら散骨が神聖な儀式とはいえやはりお互いにいい気持ちはしないでしよう。マナーの問題です。しかし、なんだかんだ言っても海はとてつもなく広いものです。大海原にでると、さほど気にするほど周りに船は見当たらなくなっています。果てしなく続く海に私達の船だけというのも多々あります。母なる大地という言葉がぴったりの海に包まれているかのような気分になります。母なる大地の海に還った故人様はこれからはこの大海原でご家族を見守り続けてくれるでしょう。

2018年02月05日 [散骨日記]
昨日は立春、暦の上では春と言う事で神奈川県横浜地方はここしばらの強烈な寒さは一休みで比較的暖かな一日でした。昨日は横須賀沖にて、個人散骨を執り行いました。神奈川全域に午後からは強い風が吹く予報がでていましたが、この日は早い時間からの出航を予定していたので特に問題はありませんでした。故人様は生前は海でのお仕事をなさっていたとの事です。そのせいかご家族の皆様は海や船に慣れておられるようでした。聞けば休みの日はご家族で海に遊びに出かけたり、船でのクルージングも楽しまれていたようです。そういった流れで自然と散骨という形になったと言っておられました。この所の強烈な寒さでは船のデッキに出るのも憚れましたが、昨日は皆様デッキに出られ、壮大な海に魅了されて海に還っていった故人様を偲んでおられました。母なる大地の海に還られた故人様はきっと皆様をこの海で見守り続けてくれる事でしょう。今回の散骨でもお客様に大変喜んで頂けて、お礼の言葉まで頂き嬉しい限りです。また次回もお客様にご満足して頂き、喜んで頂ける散骨を目指して頑張ります。
神奈川全域にまた強烈な寒波がやってきています。ここしばらくはまた寒さが続くようです。風邪やインフルエンザも流行っています。体調管理には十分と気おつけて万全の状態でお客様をお迎え出来るようにと心掛けております。立春散骨

2018年02月01日 [散骨日記]
神奈川県横浜地方は午後から冷たい雨が降り始めました。どんどんと気温も下がってきており夜半過ぎには雪に変わるとの事、明日朝には積雪もあるかもしれません。先週から続いている異常なまでの寒さには困り果てています。今後の散骨に影響しなければ良いのですが。そんな中、本日も個人散骨のお申込みを頂いました。今回ご依頼頂いた故人様は、海とお酒大好きだったという事で、ご家族から是非とも散骨をという事でご依頼を頂きました。その旨散骨の際に故人様のお好きだったお酒を一緒に海に撒きたいとのお話を頂きました。よく献酒、献水以外に海に撒いてはいけないのかとご質問を頂きますが、全く問題ありません。ビールでやワインでもジュースやお茶でも、故人様のお好きだったものをご一緒に海に撒く事が出来ます。ご家族にそうお伝えするととても喜ばれておられました。
ここ数日お申込み頂いている皆様は、ほとんどが3月入ってからというご依頼です。やはり暖かくなったらという事でしょう。本来なら冬の海もなかなか良いものだとお勧めする事もありましたが、今年は例外です。2月に入りご予約頂いているお客様も数組ございます。異常な寒さの峠は越えて、通常の横浜の冬の寒さくらいにに戻れば良いのですが、何はともあれ散骨の準備はしっかりとしておきます。

PageTop

海企画