神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年12月01日 [散骨日記]

海企画〜師走

おはようございます。今日から12月、あっという間に師走に入り、日々慌ただしさを感じております。さて、師走とはどういう意味なのでしょうか。師走とはいろいろな諸説がありますが、正確な語源は未評ですがその一部をご紹介いたします。師走とは、陰暦で十二月のことを言いますが、師が走るという説で、この師というのが誰なのかによって、またいくつかの説に別れます。師とは学校の先生が走る、年末で学校の先生も忙しく走り回るというところ。師とはお坊さん、お坊さんが走る、お経をあげるため、お坊さんがあちらこちらの家を忙しく走りまわったのが語源。師とは御師、御師とはお寺や神社などへ参拝しにくる人々の案内や参拝などをする人の事を指し、12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、師(御師)が走り回るという説があります。走り回るとは別に、仕事が終わる。12月は1年の終わりの月であり、総仕舞いの意味の(仕極しはつ)が語源。仕事が終わるという意味。年が終わる、(としはつるつき)や(としはするつき)がなまったという説、日時が終わる、(しはつる月)、それがなまって(しはす)。季節(四季)が終わる。四季(春夏秋冬)が終わる意味の(しはつ)がなまってしわすになったという説。当て字、十二月(シハス)には未雪降ると知らねかも、梅の花咲く含めらずして。と万葉集にあり、また、(十有二月シハス) と日本書紀にもあります。これからして、万葉、記紀時代には数字で書いて(シハス)と読み、(師走)とは表記してありません。従って(師走)は後世の当て字ということがわかります。なんだかこれが一番説得力があるように思えます。
師走の意味をいろいろ書きましたが、なにはともあれ12月に入り、なにかと忙しいという事ですよね。海企画も師走に入り、今月も個人散骨、代行散骨と承っております。一年の締めくくり、がんばっていきたいと思います。    







ohato


PageTop

海企画