神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2016年12月20日 [散骨日記]

横浜法要クルーズ

冬晴れの先週の日曜日、日差しは水面をピカピカと反射させ、何やら暖かい温もりを感じられました。そんなコンディションの良い中、法要クルーズで出航致しました。法要クルーズとは、散骨した場所にもう一度訪れて、故人を忍ぶというクルーズです。以前の散骨場所は、船に掲載されているGPSで正確に北緯、東経を計っており、散骨証明書に記載されております。従って、一年後でも、三年後でも、この先何年たとうと、散骨した同じ場所に訪れることができます。法要クルーズは一周忌、三周忌とこだわらずに、もう一度散骨した場所に訪れたいと思った時が法要クルーズのタイミングです。ご依頼頂いたご家族は、法要クルーズは今年で五目になります。毎年12月の中旬のこの時期にご依頼頂いております。最初に散骨をしたのが、五年前の12月の今頃でした。元漁師のお父様の散骨でした。魚師のご家族だけあって、皆様船はお手の物です。船酔いなどは無縁の話で、少々の寒さなんてビクとも致しません。夏はレジャーの船が多く、なんだかせわしいらしく、冬の海の方がのんびりと穏やかに過ごせるので、好きだとおっしゃっておられました。冬場になりますとレジャーボートなどはあまり見かけず、この日も広い海を独り占めしているような感覚でした。ご家族で和気会いあいと話に花を咲かせておられ、散骨ポイントに着くとそっと手を合わせたおられました。帰りも故人様の話で盛り上がり、今年の法要クルーズを無事に終わらす事ができました。また、来年のこの時期にご依頼をいただきました。毎年このご家族に会えるのを楽しみにしております。そして、何よりも故人様がご家族の皆様と海でお会いできるのを、一番楽しみにしておられることでしょう。


PageTop

海企画