神奈川・横浜の海の散骨ブログ | 海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画
ブログ
2017年05月10日 [散骨日記]

横浜港沖散骨

朝方には上がると言っていた雨も昼過ぎまで続き、今日は肌寒い一日です。今日は連休から昨日までと続いた散骨も一休み。ほっと一息付いています。昨日行った散骨のご依頼は、昨年の9月でした。ご遺骨をお宅にお預かりに行く日、散骨の日時と、この時点で決まっておりました。何かご家族様には特別な想いがあるのでしょうか。特にこの日だけは延期にならずに無事に散骨出来ますようにと、ずっと願っておりました。その願いが届いてか、昨日は風も穏やかで絶好のコンディションでした。横浜港方面での散骨をご希望で、横浜のシンボルのベイブリッジをくぐりまして、みなとみらいの風景を見渡せる、まさに横浜沖という場所での散骨でした。若くにお亡くなりになられた奥様の散骨です。旦那様がずっと手を合わせているお姿に胸が熱くなりました。娘さんはお母様のご遺灰をペンダントにと、専用のペンダントを探し回ったと、とても可愛らしい素敵なペンダントを見せて下さいました。今回の散骨はご遺灰を全部海に撒くのではなく、一部をミニ骨壺に入れて残してあります。常に一緒にいたい、というご家族の強い愛を感じます。奥様のお写真を拝見すると、それは美しく優しそうなお人柄が伺えました。きっとご自慢の奥様、お母様だった事でしょう。これからもずっとご家族の事を暖かく見守ってくれる事だと思います。
今回もとても素敵なご家族の散骨をお手伝いする事が出来ました。この出会いに感謝し、また次の出会いに、散骨へと頑張っていきたいです。


PageTop

海企画