散骨の日程と服装|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

散骨はいつ行うのが良くて、当日の服装は?

神奈川の海からすぐの場所で生まれて、一時はサラリーマンとして転勤生活もしていたようですが、それ以外はずっと海の近くで暮らしてきて、定年を迎える直前には会社を辞めて、地元の仲間と一緒に実家の海の近くでレストランをやりながら、夏には海の家もやるなど、父と神奈川の海は切ってもきれない関係でした。
きっと冗談半分だったと思いますが、亡くなる前に自分の骨は地元の海に撒いて欲しいと言い出して、その時はすでにかなり状態が悪かったので、それ以上深くは踏み込みませんでしたが、その後間もなく父が亡くなり、家族みんなが父の最後の願いを叶えてあげようということで話がまとまり、葬儀の準備をしながら、現実的に海に散骨する方法を考えて貴社に行きつきました。
おそらく、貴社に任せれば滞りなく散骨をしてもらえると思いますが、散骨をするのにベストなタイミングはありますか?
やはり、葬儀が終わった後ですぐに散骨を行った方がいいのでしょうか?
それとクルーザーで沖に出て散骨できるみたいですが、やはりその時は全員喪服を着用した方がいいのでしょうか?
はじめてのことで何も知識がないので、申し訳ありませんがご回答よろしくお願いいたします。

answer

散骨のタイミングに決まりなく、喪服は避けてください。

散骨を行う時期については、特にいつまでしなければいけないという決まりはございませんので、皆様のご都合の良いスケジュールをお伝えください。
海洋散骨の場合は、天候によって延期しなければいけない場合もありますが、その際に追加料金が発生することはありませんのでご安心ください。
当日の服装に関しては、喪服や黒っぽい服装はご遠慮いただいております。
船の上なので、安全面も考えて、ヒールなどかかとの高い靴も避けてもらい、なるべく動きやすい平服でお越しください。
海上では、風や日差しも陸上と違って強いため、気温の変化などにも対応できる服装が好ましいです。

PageTop

海企画