海洋散骨以外の方法|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

海洋散骨以外にどのような方法があるの?

父は6人兄弟の4番目として生まれたため、家には昔から仏壇もなければ父や母が入るお墓もなくて、お盆のお墓参りは、父の一番上のお兄さんが入る先祖代々のお墓に親戚一同で行くのが恒例行事でした。
父も母も、前は自分たちが亡くなる前に、お墓を建てることも考えていたようですが、私も妹も女ということもあって、お墓を作ってもそれが子供たちの負担になるかもしれないと考えて、さらに私も妹も嫁いだため、お墓は作らないことに決めたと、先日が私たちに直接言ってきました。
さらに自分たちの遺骨は散骨して欲しいということでビックリしてしまいましたが、貴社では海洋散骨の専門業者ということですが、散骨には他にどのような方法があるのでしょうか?

answer

海外で散骨する人もいます

海洋散骨以外にも、樹木葬、空中葬、宇宙葬など、散骨の方法はいろいろあります。
樹木葬とは、基本的には土の中に埋葬するか、墓石に代わりに植樹をするか、木や草花の下に埋葬する方法ですが、遺骨を砕いて散骨もできます。
空中葬とは、飛行機やヘリコプターから海洋上に散骨する方法で、日本ではあまり行われていない方法で、搭乗できる人数にも限りがあります。
宇宙散骨とは、バルーンを成層圏まで打ち上げて、破裂される散骨方法で、意外に費用は高くありませんが、重量などいろいろな制限があるケースが多くなっています。
海外での散骨文化は一般的で、費用も日本よりも安くなる場合が多いですが、やはり現地までに行くまでの費用がかかるため、それほど多くの人が利用しているわけではありません。
遺骨を自分たちの手で粉砕すれば、個人でも散骨しても違法にはならないため、これが最も安くできる散骨方法となります。
もちろん散骨できる場所は限られてしまいますが、故人の遺志に沿うことができるというメリットもあります。

PageTop

海企画