散骨では遺骨をすべて撒けるのか|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

神奈川の散骨では遺骨をすべて撒けますか?

私の父親は自分の死後には神奈川の海で散骨をして欲しいと言っているため、実際にそのような機会があれば、本人の希望通りにしたいと考えています。
そこで疑問が生じたことがあり、散骨をするときには果たして骨をすべて撒いてしまえばいいのか、それとも残しておくものなのか気になりました。
散骨で撒くことになる骨の量について教えてください。

answer

すべて散骨するケースと残しておくケースがあります

散骨をする際には骨をどの程度撒くことになるのか気になる人がいるかもしれません。
当社は散骨をサポートするサービスを提供してきて、これまでにたくさんの散骨を扱ってきた実績があります。
先日相談されたケースでは、散骨をしたいけれども、これまでに経験がなく、ほとんど知識がないため詳しいことを教えて欲しいという話でした。
そこで、散骨というのは骨を細かく粉砕してから海に撒くことであり、その際には迷惑のかからない場所で散骨をするのがマナーであり、基本的に法律によってルールが定められているものではないため、迷惑をかけさえしなければどのような方法も構わないと伝えました。
散骨をする量については、骨をすべて散骨してしまうことも可能であり、あるいは手元に骨を残しておくために一部の骨のみを散骨するケースがあると説明しました。
このような私達の説明にこちらの人は納得してくれたため、実際に散骨をするかどうか検討されて最終的には当社のサービスを利用して散骨をしたいという話にまとまりました。
散骨のための準備を進めて必要な手配も行い、当日に散骨を案内したところ、満足そうな顔をされていたのが印象的でした。
このように散骨というのは明確なルールが定まっているわけではないため、周囲に迷惑をかけなければどのような方法で散骨をしても構いません。
骨をどの程度海に撒くのかもそれぞれの事情に合わせて決めることができるため、遺骨をすべて撒いてしまうこともできて何の問題もありません。

PageTop

海企画