散骨するときに喪服を着る必要|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

神奈川で散骨するときに喪服を着る必要がありますか?

先月、父が亡くなって、やるべきことはだいたい済ませたところなのですが、最後に散骨をしたいと考えています。
神奈川の海で散骨して欲しいとの遺言を残していたため、最後の親孝行として、しっかりと散骨をしたいのです。
そのときにどのような服装で散骨をすればいいのかわからず困っているため、教えてください。

answer

本来は喪服が望ましいですが動きやすい服でも構いません

これから散骨をすることになると、どういった服装にするのが望ましいのか悩んでしまう人がいるかもしれません。
私達はこれまでに多くの散骨を扱ってきた実績があり、多くの人の願いを叶えてきました。
このまえも散骨の案内をして、そちらの人は亡くなった祖父の最後のお願いとして、生まれ育った土地の海に骨を撒きたいとのことでした。
こちらの家族はこれまでに散骨をした経験が一度もないようであり、どのようにすればいいのかよくわかっていないようでした。
そのため、細かな点についてまでしっかりと質問されたため、それらの疑問にはすべて明確に回答しました。
たとえば、服装についても質問されたため、本来であれば喪服を着るのが望ましいのですが、船に乗ることになるため、万が一のことを考えると喪服は危険であり、動きやすい普段着で乗った方がよいと伝えたところ、当日には皆さん普段着で来られました。
細心の注意を払って散骨をする場所まで遺族の方たちを案内して、そこでしっかりと散骨を行い、お経もあげてから帰りました。
最終的には遺言どおりに散骨をすることができて、遺族としてしっかりと最後の約束を果たすことができたので良かったという言葉をいただきました。
このように散骨するときの服装については、喪服である必要はなく、動きやすい服のほうがもしものときにも安心できるのです。
そのほかにも、散骨についてさまざまな疑問が生じる人は多いでしょうが、そのような疑問はすべて散骨を執り行う業者に質問すれば解決できるでしょう。

PageTop

海企画