神奈川で散骨後の供養|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

神奈川で散骨してからどのように供養すればいいですか?

神奈川で散骨をしたいと考えていて、これは初めての経験のためいろいろとわからないことがあります。
特に困っていることは供養についてであり、散骨をすると供養はこれからどのようにすればいいのかよくわかりません。
そこで、散骨後の供養の仕方について詳しく教えてもらえるとありがたいです。

answer

供養の仕方は自由に決めることができます

散骨をすると供養の仕方に制限がかかるのか、どのような供養の方法があるのか悩んでしまう人がいるかもしれません。
私達は散骨をサポートするサービスを提供していて、これまでにたくさんの散骨を手伝ってきました。
先日は散骨をしてからのことについて相談したいことがあるという人がいたため、じっくりと話を聞きました。
すると散骨をすると骨は自然に還されることになるのですが、そうなると今後の供養の仕方に制限がかかってしまうのではないかと不安になっているとのことでした。
そこで、散骨したあとの供養の仕方は基本的に自由であり、特定の決まった方法があるわけではないことを説明しました。
たとえば、一部の骨を残しておいて仏壇を用意して、そこでお経を上げてもらう、あるいは位牌を作るという方法があります。
散骨したからといって、仏壇やお墓を作ってはいけないということはなく、供養の仕方についてはそれぞれが納得する方法を選べばいいと説明したところ、納得してくださいました。
こちらの人は最終的に散骨をしたあとには、別にお墓と仏壇を用意して、そちらで今後は供養するということになりました。
散骨する際にはもちろんすべての骨を撒いてしまうという選択も可能であり、手元に骨が残らなくても供養をすることは可能です。
また、絶対に供養しなければいけないというわけではなく、故人を思う気持ちがあるならば、心のなかで故人のことを考えるだけでも、それも供養の一種とみなすことができます。
供養というのは気持ちが一番大切であり、あまり形式にばかりこだわる必要はありません。

PageTop

海企画