散骨は個人で行ってもよいのでしょうか?|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

散骨は個人で行ってもよいのでしょうか?

兼ねてから自分が亡くなったら海に骨を撒いて欲しいと言っていた主人。海が好きで子供のような単純な性格でいつも笑顔が絶えませんでした。そんな主人がまさに海での事故に遭い、右足を負傷し車いすの生活になったのです。つらいはずなのに、もう好きなサーフィンをすることはできないのに、事故の前と変わらず、前向きな言葉を発するばかりでした。サポートする私への感謝の気持ちや気遣いでいつも優しかった主人とより強い絆で新しい環境での生活を始め、気が付いたらあの事故からもう30年が経っていました。尊敬できる立派な人だった主人が闘病の末、息を引き取り私の前からいなくなりました。ひっそりと身内だけの葬儀を行い、火葬の後、骨上げの際に骨壺へ入れる分とは別でも骨を持ち帰りました。主人が帰りたかった海に骨を撒くためです。近いうちに横浜近辺の海に行こうと思いますが、散骨をするのに許可は必要でしょうか?また、個人で行って問題ないでしょうか?念のためご教授頂けますと幸いです。

answer

法律で定められていることはありません

海洋散骨は遺骨を海に撒く葬儀方法ですが、法律で定めれらた禁止事項はありません。しかし、岸の近くの漁業海域や、海水浴場の近くなどで散骨を行うと風評被害が起きるリスクがあり、適した場所を探すのは難しいのが現実です。また、遺骨はパウダー状に粉骨したものを散骨しなくてはいけません。火葬された白骨のまま散骨を行うと環境や周辺住民の方への配慮、さらには宗教的感情から忌避されたり、死体遺棄罪に抵触する恐れもあるようです。
「そんなつもりではなかった」ことが問題に発展することのないよう注意しなくてはいけません。以上の事から、散骨を行っている業者へ相談することが安全だと思います。
神奈川や東京の湾を対象に、散骨に適した所まで専用の船にて向かい、海上で散骨セレモニーを行っている業者があります。粉骨はもちろん行ってくれますし、散骨実績の豊富な業者ですのでお話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

PageTop

海企画