散骨はどのように行うのが一般的ですか?|神奈川・横浜エリアの海洋散骨なら、海企画にお任せください。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

散骨はどのように行うのが一般的ですか?

私は国際結婚して海外に住んでいます。日本には年に一度帰国するかしないほどで、年々、友人や知人、親戚との付き合いも薄くなっています。一人っ子で兄弟はなく、母は既に他界しているため身内は父だけです。父は遠方に住んでいる私に心配や迷惑をかけないように生前整理をしているようで、遺言書も作成しています。財産と言えるものは横浜の自宅マンションと預貯金だけと聞いていて、マンションは帰国時のために保持しておくか、売却するか好きなようにしたらよいと言われました。母が他界した時、あまりに突然で母の残した荷物の量も多く、整理するのに苦労したことを父は教訓にしたようです。また、私たち家族の状態から墓じまいしたほうが気楽ではないかと言っていてびっくりしました。父なりに調べたようですが、墓を維持するには手入れが必要で、この先も毎年帰国するかの保証もない私たち家族の荷物にさせたくないというのです。そこで、散骨を考えているのだとか。考えたこともなかったのでびっくりしています。
散骨は自分で行ってよいのでしょうか、専門業者さんに依頼するものでしょうか?ご存知の方がいましたら教えて下さい。

answer

散骨専門会社に依頼されるのが無難です

散骨は遺骨を海や山、空で撒く自然な形のセレモニーです。実際にはご遺骨を粉骨し、パウダー状にして撒きます。
散骨に関する法律上の規約はないものの、実際どこに撒けばよいのか場所を探すのは簡単ではなく、トラブルに発展することもあるため注意が必要です。他人の土地の敷地内で行うことは出来ませんし、人がよく集まる公共の場で行うことに抵抗を感じる方も少なくはありません。海水浴場や漁場であれば散骨によるイメージ悪化も懸念されます。そのため、個人で安易に散骨を行うのは避け、散骨業者へ依頼するのが無難です。
専門業者は適正な散骨場所について把握していますし。散骨に関する全ての作業を代行します。ご遺族様によって散骨が難しい場合は代行散骨を依頼することも出来ますので相談されるとよいでしょう。

PageTop

海企画