墓じまいで自分の遺骨を散骨|神奈川の散骨ならお任せ下さい。

  • 会社概要
海企画
海企画

FAQ

墓じまいする場合、自分の遺骨は散骨してもらうことが可能ですか?

私は妻に先立たれてから5年、静かに暮らしてきました。子供に恵まれなかったため、お互いの両親が他界してからは親戚と呼べる人との交流は一切ありません。そう考えると孤独です。私が亡くなっても悲しんでくれる親戚や身内はいません。70代になってからそのような寂しいことをよく考えるようになり、いつ何があってもいいようにと神奈川県内の自宅は売却し、小さな賃貸マンションに越しました。自分が死んだ後は葬儀などせず、火葬だけしてもらい、残った貯金で死後にかかる費用に充ててもらうよう親友に頼んでいます。まだ先のことかもしれませんが、決めておいて早いことはないと思ったのです。また、現在ある墓はこの先管理する人がいなくなるため墓じまいしようかと考えるのですが、その場合、私の遺骨はどこかに散骨してもらうことで済むでしょうか?ご存知の方がいましたら教えてください。

answer

墓じまいをされることが散骨を希望される理由の一つです

散骨は自然葬の一つであり、火葬を行った後の遺骨を粉骨し海や山に撒く儀式のことです。
近年、散骨を希望する方が増えている理由には、海や山が好きだった故人の意向やお墓を維持するのが予算的に難しい方、核家族化や少子化が進む中、お墓の世話を頼む方がいない、墓じまいをしたいという方の希望などがあります。
法律により散骨が禁じられていないものの、散骨のやり方や場所によってはトラブルに発展することがあり、自治体によっては散骨が条例で禁止されていたり、粉骨せずに撒いた場合は死体遺棄の疑いをかけられることもあります。私有地はもちろん、公共の場、海水浴場や漁場・養殖場などの近くは風評被害を与えかねないなど、散骨の場所選びは意外と難しいです。そのため、個人で散骨を行うより、散骨を専門に行う業者へ依頼されるのがおすすめです。トラブルになることも避けられますし、業者へ依頼した方が個人で準備するより安く抑えられるとも言われますので、問合せされてはいかがでしょうか。

PageTop

海企画