散骨 神奈川 No.4|海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画

散骨 神奈川 No.4

献花や献水や散骨証明書やフォトスタンドまで用意してくれて

散骨

神奈川の海の近くで生まれ沿った祖父は、亡くなる前に自分の骨を大好きな海に散骨して欲しいと言い残して亡くなりました。

祖母は前からそんなことは言っていたので気にすることはないと散骨はしなくてもいいと言っていましたが、大好きだった祖父の願いも叶えたくて費用は私が出すからと海洋散骨をすることを家族に受け入れてもらいました。
散骨には特に決まりはないみたいでしたが、海企画さんに海洋散骨を依頼すると、散骨の他に献花や献水や散骨証明書やフォトスタンドまで用意してくれて、とても良いセレモニーになりました。

段落

海への散骨を希望していた父の願いを叶えるために

最後は東京で亡くなりましたが、父は神奈川の漁師町で産まれて祖父は漁師だったため、私も小さい頃は祖父の船に一度乗った記憶がありました。
しかし記憶に残っている理由はかなりの船酔いをしたからで、その後も何度か船に乗ったことがありましたが、その都度船酔いをしてもうしばらく船には乗っていませんでした。
私とは違って父は漁師の息子というだけあって船酔いもしないし定年後は自分で船を買って神奈川の海に出掛けて船釣りを楽しんでいて、いつも口癖のように死ぬ時は船の上だと言っていました。

父は神奈川の大学で母と知り合い、東京出身の母の希望でその後東京の会社に就職して定年するまでは家庭ために仕事一筋で頑張るとても良い父親で、釣りにはまり出したのは私と妹も一人立ちした後でした。
定年後は母も呆れるほど毎日のように釣りに出かけていて、良く高級魚が釣れた時には私や妹の家までわざわざ持ってきてくれて、明るくて本当にみんなから好かれていました。

散骨

その父が病気で亡くなる前に海への散骨を希望して、その時もきっと身体が辛かったと思いますがみんなの前で明るく話していて、そんな父の最後の願いを叶えてあげようと、葬儀の後で海洋散骨をしている会社を探して海企画さんのお世話になりました。
海洋散骨には代行散骨プランと個人散骨プランがあるということで、後者はクルーザーを貸し切って家族なども参加できるとのことで、船酔いをする私は代行プランか参加を辞退することも考えましたが、海企画のスタッフさんが船酔いの薬を用意してくれたり船の操縦に気を遣ってくれたお陰で、結局船酔いもしないで晴天の中父をゆっくり見送ることができました。

PageTop

海企画