散骨 神奈川 No.9|海の散骨<神奈川・横浜エリア>

  • ブログ
  • 会社概要
海企画
海企画

散骨 神奈川 No.9

お墓は敢えて建てないことにして最終的には海洋散骨を

父はすでに亡くなっていて、私が一人娘ということもあってお墓は敢えて建てないことにして遺骨は家に保管していました。
最初は違和感がありましたが、核家族化と少子化が進んでいる現在では手元供養を選ぶケースが増えているということを知りました。

その後私は結婚して神奈川の家を出て母が実家に一人で住んでいましたが、今後老人ホームへ入ることになり父の遺骨はもともと父が望んでいた通りに海洋散骨をすると伝えられてこれにはビックリしました。

散骨

私には海洋散骨をしている業者さんを探して欲しいということでさらに驚きましたが、調べると海企画さんが見つかり、最近では海洋散骨の依頼も増えていることが分かり、母も自分が亡くなった時には遠慮しないで父と同じ場所に散骨して欲しいと本気で訴えてきたので、今からそのことは考えたくありませんが、もしもその時がきたらまた海企画さんのお世話になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

段落

粉骨もきちんと業者側でしてもらえることが分かり

散骨

父の葬儀をしている最中に、母が急に父が亡くなる直前に自分の骨を大好きな神奈川の海に散骨して欲しいと言っていたことを伝えてきました。
突然のことだったし葬儀中でいろいろやることがあったのでその時は話を受け流しましたが、火葬場の控室でまたその話が出ると、それを聞いていた父の友人が散骨をしている会社を知っているから聞いてあげると海企画さんに電話をかけてくれました。

他の者は海洋散骨について何の知識もなく、火葬してお墓に入れる骨をどうやって粉骨して海に撒くのか分かりませんでしたが、海に骨を撒くことは法律的にも問題はありませんが、遺骨は細かく粉砕しなければいけなくて、粉骨も業者側できちんと行ってくれるということで、すぐに対応してもらえて父の願いを叶えることができました。
正直散骨のことを聞いた時には海にゴミをまき散らすような感覚で私としては抵抗がありましたが、実際に大きな海に出て海洋散骨というセレモニーを体験すると細かく粉砕された骨を撒くことは環境破壊にはつながらないことが良く分かりました。
立派なクルーザーに乗船して天気も良くて果てしない青い海がどこまでも広がっていて、私は特に海には想い入れがありませんでしたが、私が死んだら海洋散骨をしてもらいたいと思いました。
この度は父の願いを叶えてくれて誠にありがとうございました。

PageTop

海企画