横浜の散骨ならお任せ下さい。

  • 会社概要
株式会社海企画

横浜の散骨【ポイントとFAQ】

横浜の海にご家族の散骨をご希望の方は、どうぞ海企画をご利用ください。
厚生労働省認定の1級葬祭ディレクターが、しっかりサポートさせていただきますので、散骨がはじめてという方でも安心してご依頼いただけます。
当社に散骨をお任せいただく、「代行散骨プラン」、ご遺族様が一緒に乗船して散骨場所までクルーズしてセレモニーを行う「個人散骨プラン」の他にも、「ご法要プラン」もご用意しております。

散骨 横浜

いつまでに散骨をしなければいけない決まりはありませんし、散骨を取り締まる法律もございませんが、散骨を行う場合は遺骨を細かくする粉骨が必要であるなどの、マナーもいくつかございますので、当社にお任せいただければ、慣れない散骨でトラブルに巻き込まれる心配も一切ございません。
海洋散骨は、海に遺骨を撒くシンプルなセレモニーではありますが、ご遺族の思い出に残る散骨をプロデュースさせていただきます。
散骨場所のご希望にもなるべく対応できるよう、努めさせていただきます。
散骨の方法について分からないことがございましたら、遠慮なく当社までご連絡ください。
海洋散骨はもちろん、皆様のご希望を詳しくお聞きして、誠心誠意ご相談に乗らせていただきます。

01海洋散骨とは

海洋散骨とは、海に亡くなった人の遺灰を撒く供養のことです。
人が亡くなれば遺体を火葬して、遺骨をお墓に収めるのが一般的な方法ですが、実は日本でも人が亡くなったときには遺骨を海や山などに散骨する風習がありました。
法整備がされた今の日本では、遺体や遺骨をそのまま自然に還すことは許されていませんが、遺骨を粉末状にして散骨することは違法ではありません。
生前海が好きだった方などが、自分が死んだ後には遺骨を海に撒いて欲しいと希望するケースは多く、近年海洋散骨が葬送の一つの方法として注目されています。
海洋散骨を希望する理由の一つには、世界中につながっている海に遺灰を撒くことにより、海を見ることでどこにいても故人を偲ぶことができるという考えがあります。
散骨の方法にはさまざまな種類がありますが、特定の場所に行かなくても故人を思い出せることは、海洋散骨ならではのメリットと言えるでしょう。
都市部にお住まいの方は、墓地不足が問題となっていて、お墓にも相当なお金がかかります。たとえお墓をもったとしても、少子化が問題になっている今の時代では、墓地を維持できなくなる不安もあるため、今後も海洋散骨を選ぶ方が増えると予測できます。

02散骨を初めて行う方が知っておくべきことと

少子高齢化と核家族化が進む中で、お墓に対する考え方も変わり、最近では散骨という方法を選ぶ方が増えています。
日本では海洋散骨といって海に遺骨をまくケースが多いですが、他にも樹木葬や飛行機から散骨するなどのいろいろな方法があります。
散骨を希望する方が増えていることから専門業者も増えていますが、散骨は業者に依頼しなくても行うことは可能です。しかし、個人で散骨を行うときには注意すべき点やマナーもあって、まず遺骨は必ず原型をとどめないように、粉末状にする必要があります。
海にまく場合も人の迷惑にならないように注意して、海水浴場などの人が集まる場所は避けなくてはいけません。散骨は違法ではありませんが、散骨を許可していない自治体もあるので、事前にしっかり調べて条例を遵守しなくてはいけません。

散骨を初めて行う方が知っておくべきことと

散骨をしているところを誰かに見られることを想定して、喪服は避けた方がよいため、個人で散骨を行うときには普段着が好ましいです。
いずれにしても散骨をするときには絶対に人に迷惑がかからないように十分に気を遣って、節度を持って行動してください。

03海洋散骨に関わることで良くある3つの悩みを紹介

1.海洋散骨を行うタイミングで悩んでいる
海洋散骨は遺族のタイミングで行うことができますが、最も多く選ばれるタイミングは忌明けの四十九日となっています。
海洋散骨を行う際には宗旨宗派を心配する方も多いようですが、海洋散骨を行う多くの業者は民間霊園と同じように宗旨宗派を問いません。

2.散骨をするとお墓はどうなる?
散骨をしてしまうと、お墓参りはできなくなるの?と心配される方も少なくないですが、全ての遺骨を散骨する必要はないため、お墓にも遺骨を納めることは可能です。
実際に海洋散骨を選択する多くの方が一部の遺骨を散骨して、残りの遺骨を残していて、納骨堂に遺骨を収蔵することも可能です。
このように遺骨を分けることを分骨と言います。

3.散骨をしても法要ができるか心配
海洋散骨を行った後に法要ができるの?と不安を持つ方も多いようですが、依頼する業者にもよりますが、散骨した場所まで再び連れて行って、そこで供養を行えるサービスを提供してもらうことも可能です。
一周忌や三周忌などの法要も可能で、お坊さんが立ち会う独協供養などができるケースもあるようです。

04散骨の種類とそれぞれの特徴を紹介

散骨 横浜

散骨の方法には、主に「海洋散骨」と「山林散骨」の2つがありますが、他にも空中に散骨する「宇宙散骨」などもあります。
宇宙散骨は新しい散骨のスタイルで、いろいろな手段で今では遺骨を宇宙へ飛ばすこともできるようになり、バルーンやロケットを利用し散骨が主に実施されています。
バルーンを使用した方法では、特殊素材で作られた環境に優しいバルーンに散骨を入れて空に飛ばし、成層圏までバルーンが達すると気圧の変化破裂を起こし遺骨が宇宙に撒かれることになります。
ロケットでの散骨は、人工衛星に散骨を乗せて飛ばすなど、以前では考えられないような方法で散骨が行われているようです。
海洋散骨は船で遺骨を沖から流れた場所まで運び散骨するのが一般的な方法で、遺族が立ち会う場合と業者に散骨を任せる「個別散骨」もプランの中に用意されています。
山林散骨は、その名の通りに山に遺骨を撒く方法で、登山好きの方や山へ思い入れがある方などに選ばれる散骨のスタイルです。
散骨をすることは違法ではありませんが、山の所有者がいる場合はきちんと許可を得て、周りの迷惑にならないようにしっかりと配慮をしなくてはいけません。

05横浜市民を中心に海洋散骨をお手伝い

神奈川県横浜市西区に拠点を置き、横浜市民を中心にその他にお住まいの方も対象に海洋散骨のお手伝いをしております。
横浜市西区は、横浜18行政区の中でも最も小さいですが、北部地域、南部地域、みなとみらい21地区の3つのエリアに分かれていて、区内には横浜の新しい顔でもあるみなとみらいがあって、都市的な雰囲気と異国情緒あふれる昔ながらの横浜の歴史のある街並みが共存しています。
横浜駅は巨大ターミナル駅としてJR、私鉄、地下鉄が集結していて、横浜市の中心地となっています。都心への交通アクセスも良いことから、西区を拠点として東京方面へ通勤する方はたくさんいます。
西区は、幕末の幕末の新田開発や東海道から横浜に通じる「横浜道」の完成したことから発展し、関東大震災が起きた後の昭和3年に横浜駅が移設されたことから横浜の交通の要になりました。
西区は、昭和19年の戦争中に中区から分区して誕生しました。
昭和20年の横浜大空襲によってほとんどの地域が大きなダメージを打受けましたが、昭和30年代から都市計画化が進められました。昭和50年代にみなとみらいの開発がはじまって、今の近代的な姿に変貌を遂げました。

FAQ一覧

PageTop

株式会社海企画